末期肝臓がん闘病記

末期の肝臓がんの転移を含めた症状や治療法、名医との出会いについての闘病記

闘病記―肝臓がんの初期症状


ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん初期症状を見逃さずに捉えることができれば、その後の治療に大きく貢献することになります。闘病記には様々な症例が載っていますが、共通して言えることは、末期になってから検査で見つかった場合よりも、腫瘍が小さいうちに発見した方が完治の確率が高いということです。まだ肝臓がんが初期症状の段階であれば、腫瘍も転移していないので、治療はそれほど難しいことではありません。

しかし、すでにリンパ節深くにまで転移が進んでしまったり、他の臓器にまで広がったりしてしまっていては、手術で悪性腫瘍を摘出することもできません。そうなると、広範囲に効果的な化学療法や放射線治療を併用することになりますが、肝臓がんの初期症状を過ぎてしまうと、高い治療の効果を得るために副作用も受けることになります。そのため、検査によって早期発見をすることが完治の鍵となります。

アルコールを多く摂取している方は、特にリスクが高いので注意してください。末期にまで進展してしまってから見つけても、治療は茨の道になることが珍しくありません。肝臓がんでも初期症状の段階であれば、現在の医学で対応することができます。早期発見の鍵となるのは検査ですが、定期的に健康診断を受ける習慣をつけておけば、そのリスクは大きく回避することができるようになります。肝臓がんを初期症状の段階で見つけるためにも、1年に1回は検査を受ける習慣を付けておきましょう。