末期肝臓がん闘病記

末期の肝臓がんの転移を含めた症状や治療法、名医との出会いについての闘病記

闘病記―末期肝臓がん名医の治療


ガン治療に最も効果的な食事法

末期肝臓がん名医から治療を受けることにより、余命を延長したり、完治を目指したりすることを切望する人は少なくありません。そんな気持ちをあおるように、末期肝臓がん名医に出会ったことで、それまでいた病院では見放されていたのに、すっかり健康を取り戻したという話が語られたりもしています。

人間にとって、生きることは本能の働きです。何はともあれ、生存したいと願うのは動物として、あるいは生物としての本能であり、その欲求を満たすために手術や抗がん剤などの薬が開発され、治療方法も研究されてきました。

それにより、たとえ末期肝臓がんであっても、名医から治療を受けることにより、生き延びることができる可能性も生じています。かつては不治の病として恐れられていましたが、現在では、医学も進歩しています。かつてのように、病気が進行してしまえば、それまでという状況ではありません。

そんな進化していく医学の恩恵を十分に受けるためにも、名医が必要です。末期肝臓がんを名医から治療してもらうことで、最適な処置を期待することができます。選択肢は色々あっても、そこから何を選ぶかが難しいのです。

少しのミスが命取りになる以上、専門医の技量は死活問題です。優秀な名医を見つけることで末期肝臓がんを克服し、健康な生活を取り戻しましょう。

“がんとの戦い”―名医との出会い―