末期肝臓がん闘病記

末期の肝臓がんの転移を含めた症状や治療法、名医との出会いについての闘病記

転移性肝臓がんで大切なこと


ガン治療に最も効果的な食事法

転移性肝臓がんとは、原発性に対する概念で肝臓以外の臓器にできた癌が血液にのって転移してきたものです。特に大腸がんや胃がん、すい臓がん、胆管がんなどの消化器からの門脈を通ってくる場合が多いのが特徴です。

初期症状については、転移性肝臓がんについても、ほとんど自覚がないのが現状です。そのため、早期発見のためには検査を受けることが必要で、超音波検査、CT検査、腫瘍マーカーの測定などを行います。

治療方法としては、手術がもっとも効果的な方法です。ただし、常に手術を適用できるわけではなく、肝切除に耐えられることや手術で病変が取り去れることなどが転移性肝臓がんの手術を行うための条件となります。

元々、他の部分から転移してきているわけですので、肝臓のみで他の臓器は無事とも限らず、実際には多臓器に症状が現われていることもあります。そのような場合には、転移性肝臓がんを手術することは難しくなります。そのような場合には抗がん剤等で対処するわけですが、手術ほどの効果を上げていないのが実情です。

また、肝動脈塞栓療法(TAE)とエタノール注入療法(PEI)は、転移性肝臓がんには有効な治療法ではありません。まずは他の臓器が腫瘍を持っていることを早期発見し、別の臓器にまで広がってしまう前に対処することが大切になります。もちろん、そのまま放置してしまえば、ますます末期症状に近づいてしまいますので、治療は早い段階で行いましょう。